RENTポスター

ついにはじまりました!ブロードウェイミュージカルRENTの20周年来日公演!

以前チケットをとったときに記事を書いたのですが、あれから5ヶ月、、、、この日をどんなに待ち望んだことか!

あ、チケットを取った時のお話はこちらからどうぞw

2016年!RENTが日本に帰ってくるっ!

というわけで北九州の片田舎から、RENTを観るためだけに今回は飛行機に乗って上京してまいりましたっ☆

飛行機からみた富士山

天気もすごく良くて、富士山も綺麗に見えましたよっ♪

今回は7年ぶりにRENTを観劇してきた感想を宿泊先のホテルからアップしちゃいますっ!!w

Rent 20th Anniversary Tour

そもそもミュージカルRENTを知らない方のために内容をざっくりとまとめますw

RENTは1996年にブロードウェイで開幕したロックミュージカルです。治安の悪いニューヨークのイーストヴィレッジが舞台で、そこに住むその日のRENT(家賃)も払えないような貧しい若者たちが主人公です。

当時のニューヨークの状況をそのまま舞台化しており、華々しいミュージカルとは違い、ゲイやレズビアン、ドラッグやエイズの話題も出てきます。でも、そんな厳しい中でも今をひたむきに生き、輝いている人々が描かれる人間ドラマです。

公式のPVがよくできてて、RENTの持つ世界観と良さが凝縮されていると思います。

僕は2005年に公開されたクリスコロンバス監督の映画版でRENTの魅力にとりつかれ、2009年に行われたRENT Broadway Tourの来日公演も観に行ったり、自分の結婚式もRENTの楽曲を使いまくりましたw

そして、今年2016年はRENT開幕からちょうど20周年ということもあり、今回の来日公演が実現したのです!

RENTはクリスマスイブからの一年間が描かれているので、本当は今回のクリスマス公演が観たかったのですが、クリスマスは家族で過ごすことに決めていますので前倒しで今回行ってきましたよ♪

東京国際フォーラムホールC

今回の会場は東京国際フォーラムのホールCでした。

Cホール

中に入ると特大サイズのパネルがあって、ここで記念撮影できるようになっていました。

RENTポスター

僕は一人で行っていたので、さすがに一人で写る勇気はありませんでした(^^;

そのすぐとなりにキャスティングボードも張り出されていましたよ。

カンパニー

それから長蛇の列になっていた物販エリア!僕も列びましたが、見た目ほどは時間がかからず回ってきました。スタッフさんはかなりさばけてましたねw

物販エリア

ちょっと見づらいかもしれませんが、今回の物販商品です。

チケットを取った時の記事でも書きましたが、やっぱりマークのマフラー柄タオルがありましたよ!!!w

RENTオリジナルグッズ

2009年の時のタオルがあるので、買うのはめっちゃ悩んだんですが、今回は断念しました(^^;

あ、一番人気の商品はやっぱりプログラム(2,000円)でした。物販に列んでる人はほぼ買ってたような印象です。

ちなみに僕が今回買ったグッズはこちら。

RENT購入グッズ

プログラムにトートバッグにマグカップです♪

会社のマグカップがもう3年使ってるのでこれに切り替えるんです(*^-^)

トートバッグはプログラムを入れる袋がなかったので、もう勢いで買っちゃいました!w

RENTガチャ

今回はガチャガチャコーナーもありました!いくつかデザインの種類がある缶バッジがランダムででてくる仕様になっているのですが、一回300円!

子供のガチャガチャは渋るくせに、自分のことになるとやっちゃいますよね〜〜〜(ダメ親。)

ガチャガチャに300円投入して、、、がちゃがちゃ、、、

おおおおおおお!!!

缶バッジ

一番欲しかったRENTロゴでたぁーーーーー!!スタジオに飾ろうっと♪ここ一番の引きは強いんですよね〜僕w

RENTを観た感想

今回はオリジナル演出版ということだったのですが、演出家はオリジナル演出家のマイケル・グライフではありませんでした。どこか変な感じに変わってないかそわそわして行ったのですが、素晴らしかったです!

演奏はもちろんバンドの生演奏ですし、セットも衣装もオリジナルそのまま!ブロードウェイの千秋楽がDVDになってますが、あの映像の世界がそのまま再現されていました。

やはり今は亡き作者のジョナサン・ラーソンの遺志を尊重してるんでしょうね。そんな愛がたっぷり感じられる舞台でした。

キャラクターは一番良かったのがモーリーンだと思いました!初代のイディナ・メンゼルはかっこいいカリスマ性を持ったモーリーンでしたが、今回のケイティ・ラマークは赤毛でとってもチャーミングだし、こんなモーリーンもありだなって思いましたwお尻出しもありましたしw

でも感情のメリハリがとっても上手で、I’ll Cover You (Reprise)の時には完全に彼女に泣かされてしまいましたよ;;

ロジャーは普段初代のアダム・パスカルに聞き慣れているのでがっつりこてこてのソース味ってイメージだったのですが、今回のカレブ・ウェルズはどっちかっていうと醤油味でさっぱり系かな?と思いましたw

しかし、歴代のトム・コリンズ役はみんな歌うますぎですよね、、、、今回のアーロン・ハリントンもめっちゃうまいし、、、それこそI’ll Cover You (Reprise)の時の彼の歌声で、会場からはすすり泣く声が至るところから聞こえてました。

キャストもスタッフも総代わりしましたが、RENTの魂はちゃんと受け継がれていると僕は確信しました。

RENTは音楽が本当にとっても良くって、「全部名曲!!」と言ってるんですが、ジョナサン・ラーソンが残してくれたこの作品が時代を超えて受け継がれていくことを心から望んでいます。

今回のRENTを観て感じたこと

今回は初見のお客さんが多かったのかな?と感じました。

というのも、僕が前から8列目とけっこう前の方だったので全体が見えていたわけではないのですが、リズムに乗ってるような人もいませんでしたし、Over the mooonの「moo with me」のところの反応もちょっと悪かったかなぁと思いました。

ただ、後ろの方に熱烈なグループがいらっしゃったようで、その一帯は持ち上がってました!「僕もそこに入りたいっ!」とウズウズしてましたw

でも、終わった後に号泣して席から立てない人もいましたし、すすり泣く声はいろんなところから聞こえていたし、最後はスタンディングオベーションだったし、初見の方もこれでRENTという作品が好きになってくれるとうれしいなと思います。

あ、そうだ!

今回の公演は全編英語での公演なのですが、舞台の両サイドに日本語訳が出る親切舞台になってます。

ただ、前の方の人はそれを見ながら舞台を見るとキョロキョロして首が疲れるし、両サイドの人も気になると思うので、初見の人はちょっと後ろめの席がおすすめだと思いましたw

今回の公演は12/31まで!日によってはまだチケットは取れるみたいなので、気になっている人はぜひ行ってみてください!!

http://www.kyodotokyo.com/rent2016

僕は冒頭で宿泊先のホテルでこの記事を書いてると書きましたが、その理由は、、、、

実は明日もRENT観にいっちゃいますっ!!!!wwwしかも明日は2列目♪ひゃっふぅ〜〜♪

次回はいつ来日公演があるか分かりませんので、いまのうちに溜め見(?)しておきますww

しかし、僕がこんな自由にさせてもらえるのも理解のある嫁の協力があってこそ。

Special Thanks嫁。

今度は僕が子供たちを預かって、嫁の自由な日を作ってあげたいと思っています。(ただし、次男が卒乳してからに限る。)

最後に、RENT関連でおすすめのDVDを一枚紹介させていただきます(*^-^)


これはRENTのブロードウェイでの千秋楽の様子を収めたDVDです。

僕も持ってますが、現地での「RENT愛」が伝わってとってもいい作品です。長年のRENTが閉幕するという事で、最後にはオリジナルキャストも登場しますよ!

持っていない人は買っておいて損はないと思います。安いですしw

それでは今回も最後までお読みいただいてありがとうございました!

RENT最高っ!!!!No Day But Today!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で