Wordpressで文字の置換!

こんにちは!木原です♪

今回はWordPressの記事内の特定の文字列を別のものに置き換える、置換の方法をまとめたいと思います!

というのも、僕はこれまでプラグインでAdSense Managerというものを使っていて、これは簡単にショートコードを使えるということで愛用してきたのですが、ちょっとこのプラグイン、問題がありまして、、、それがこちら!

Adsense_Managerの画面

なんと、もう5年も更新されてないんですねw

セキュリティ的な問題も気になりますし、最近はサイト表示高速化のためにプラグインの見直しを進めていて、そういう意味でもこのプラグインを外そうと決意したわけであります!

でも、そこでひとつ問題が、、、これまで[#ad]と記事に中に書いていれば、そこがAdsenseのタグに置き換わるようにしていたのですが、このプラグインを外すと広告が表示されなくなってしまいます!

ということで全記事の[#ad]と書いている部分をadsenseのタグに置き換えなくちゃいけなくなったのですが、記事を1つ1つ更新していくと抜けも出てくる可能性が高いし、いつ終わるか途方にくれてしまいます。。。

そこで一括変換できないかと思って調べてみましたので、その内容をまとめていきたいと思います!

ぜひぜひ最後までお付合いくださいヽ(*^^*)ノ

Search Regexを使おう!

上級者ですとデータベースを開いて、MySQLのコマンドを叩いて一括で変換とかそんな高等技術ができるのでしょうが、できればデータベースなんかは触りたくないですよね!

何かミスったらサイト消滅の危機ですもんw

そんな時はプラグインを使っちゃいましょう!今回僕が使ったのは「Search Regex」というプラグインです。

みなさんおなじみだと思いますが、Wordpress管理画面の「プラグイン」から「新規追加」を開いて、「Search Regex」で検索してみてください。

見つかったらインストールして有効化しちゃいましょう!

Search Regex

こちらも更新日が古いですねぇ〜w

まぁ、文字の置き換えに使うだけなので気になる方は変換が終わった後は無効化しておいても大丈夫ですw

有効にすると左側のメニューの「ツール」の中に「Search Regex」が入っていると思うので、これをクリックして画面を開きましょう!

Wordpress内のメニュー

Search Regexのメニュー画面

ここから実際にSearch Regexを使っていくわけですが、その前にメニュー画面の説明をざっとしておきたいと思います。

Search Regexのメニュー

まず、「Source」は検索、置換をする対象です。

デフォルトでPost Contentになっていると思うのですが、これがいわゆる記事の本文の部分ですね!

タイトルの文字を検索して置き換えしたい時はPost Titleを選択してください。

「Limit to」は処理を行う上限数です。No limitだったら一度ボタンをクリックすると記事の中にある文字を全て置き換えしますが、10に設定しておくと10件置き換えをしたところで停止します。

「Order By」は検索結果をAscending(昇順)にするか、Descending(降順)にするかという設定です。

「Search pattern」は検索したい(置き換えしたい対象)文字を入力します。

僕の場合はここに[#ad]と入力しました。

「Replace pattern」は置き換えたい文字を入力します。

僕はここにアドセンスのコードをコピペで貼り付けました。

「Regex」にいくつかチェックボックスがあるのですが、これは正規表現検索をする場合に使用します。

例えば「打つ」「撃つ」「討つ」のように、同じ発音で違う書き方の文字があったとして、これを「打つ」に統一したりできます。

でも、あまり使わないと思うので、とりあえずここはチェックを外しておいてOKということでw

では次に実際に文字の置換をやっていきましょう!

文字の置換のやり方

では次に実際に置き換えをやっていくのですが、この作業をすると全ての記事を対象に文字の変換が行われます。

できればバックアップをしっかりとっておく事をおすすめします!

さぁ、バックアップと心の準備ができたら実際に文字の置換を行ってみましょう。

いろいろ書いてきましたが、操作はいたってシンプルです。

「Search pattern」に今記事の中に書いている変換したい文字列を、「Replace pattern」に置き換えたい文字列を入力して「Replace & Save」(置き換えて保存)ボタンをクリックしましょう!

Search Regexのメニュー2

これだけですべての記事の中にある文字が置き換わっています!

めちゃめちゃ便利ですよね!

最近ではレンタルサーバー各社がSSL証明書を無料で提供するようになっていて、常時SSL化を進めている方も多いと思います。

その中で記事の中にあるhttp://となっている部分をhttps://に置き換えたいという方にもこの方法はおすすめです!

かなり手間が省けると思いますよ♪

それでは今回はこの辺で失礼させていただこうと思います。最後までお読みいただいてありがとうございましたヽ(*^^*)ノ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で