KVAGOのキーボード付きケース

こんにちは!木原です。

以前の記事で2018年モデル第6世代のiPad(※Apple Pencilが使える無印のやつ)を購入したと書いたのですが、今回はそのiPad関連のお話です!

僕がiPadを購入した理由なのですが、最近はこのサイトもそうですが、いくつかのサイトやブログの更新をよくするようになってて、いつでもどこでも記事を書けるようにする為でした。

しかし、iPadで実際に文字を打とうとするとこうなっちゃいます!

画面の半分がキーボード

そうなんです!画面の半分がキーボードに占領されてしまいます!!

これだとせっかくの広いディスプレイが勿体無いですよね。

という事で今回はAmazonでベストセラー1位だったKVAGOのBluetoothキーボード付きiPadケースを購入したので、そのレビューをしていきたいと思います!

KVAGOのキーボード付きケースのいいところ!

今回僕が購入したのはKVAGOのキーボードケースです。

この商品が人気の理由のひとつは、なんといってもコスパの良さでしょう!

分解したところ

iPadケース、Bluetoothキーボード、そして画面の保護フィルム、スタイラスペンが付いて3,780円というお手頃価格!

まぁ、フィルムとスタイラスペンはちょっと、、、ね、、、心もとないというか、、、アレなので、、、モゴモゴ。。。

ということで僕は保護フィルムは別途購入しましたw

画面の角度調整ができる!

開封して実際にiPadをはめ込んでみるとこんな感じです。

見た感じだとキーボードがツルツル滑っていって使いにくそうにも見えると思うのですが実際はマグネットが入っていて割としっかり固定されます。

そして、画面の角度も自在に変更することができて、画面を寝かせるとこんな感じ。

角度を寝かせたところ

逆にしっかり立てるとこんな感じ。

角度を起こしたところ

これだとどんな場所でもいい感じで作業ができそうですよね♪

ケースのフタの部分にマグネットが付いているので、アップル純正のケースと同じようにフタをすると自動的にiPad本体がスリープ状態になります。

キーボードをつけたところ

ボタンを押してスリープにしなくていいし、カバーのフタを開くと自動的に電源が入るので、すぐに作業に入れますよ!

ちなみに完全にフタを閉じるとこんな感じでめっちゃスタイリッシュです!

折りたたんだところ

この中にキーボードも巻き込むように収納されているので、本当にいつでもどこでもライティングができる環境が出来上がりました。

キーボードが光る

暗い所で作業をする時はキーボードに書かれている文字が見えなくなっちゃいますよね!

でも、このキーボードは大丈夫!バックライト機能が付いていて、キーボード自体が光ります!

青に光るキーボード

ピッカーン!

さらにすごいのは、キーボードのFnキーを押しながらCTRLキーを押すとこの光る色が変えられます!

赤に光るキーボード

紫に光るキーボード

気分によって光る色も変えられるので、僕みたいに光るものが好きな人にはぴったりですw

ケースに入れたまま充電できる

言い忘れましたがこのキーボードはUSBケーブルで充電するタイプなのですが、ケースを閉めた時にiPadのLightningケーブル差込口と同じ方向にケーブルの差込口が来るように設計されています。

充電コネクター

些細な所ですが、これはちゃんと考えられてるなーと感じました!

バッテリーの持ちもかなり良くて、使用頻度にもよると思うのですが、僕は電源入れっぱなしで充電無しで3日間使う続ける事ができました。

これだけもてば僕的には十分だと思います。

KVAGOキーボードの悪い所

さて、ここまで良い所を書いてきましたが、ここからは使っていて気になった点を書いていきたいと思います!

臭い!

分解したところ

購入してすぐに感じたのはニオイです。

これはAmazonのレビューでも他の方も書いていたので、おそらく個体差とかの問題ではないと思うのですが、結構強烈な薬品のような鼻にツーンとくる匂いがします

一週間ほど使っていると僕はさほど気にならなくなったのですが、デリケートな方はかなり気になるんじゃないかな?と思います。

機能は十分なのに、ニオイが気になって作業に集中できなかったら元も子もないですよね!

Windowsキーがある

このキーボードはiPad用のキーボードとして売られていますが、長年のアップルユーザーにケンカを売るようなキーが配列されています。

じゃじゃーん!

キーボードのWindowsキー

宿敵の窓のマークですね!ここはせめてリンゴマークにして欲しかったところですww

文字を打っているとコピペをする事が多いと思うのですが、その時もこのWindowsキー+Cでコピー、Windowsキー+Vでペーストという動作をします。

Windows嫌いのがっつりアップルユーザーの方はちょっとこれは許せないかもしれませんねw

まとめ

KVAGOのキーボード付きケース

いろいろ書いてきましたが、実はこの記事も全部このキーボードとiPadで書きましたw

タイピングの打ち心地も非常にいいし、正直、この金額でこれだけの機能が付いて入れば損をしたと感じる方は少ないのではないかと思います!

個人的にはすべてのiPadユーザーに購入をおすすめしたいくらいの勢いで気に入ってますw

実際、友人のiPadユーザーにこのキーボードをおすすめしたところ、次の日にはポチってましたw

カラーバリエーションも4色ありますし、iPadでの文字入力にお困りでしたらぜひ一度チェックしてみてくださいね♪

Amazonのリンクを貼っておきますので、最新の価格はこちらから見てみてください(*´∀`*)

どこでもライティングの環境がしっかり整ったので、今後はどんどんサイトの更新を進めていきたいと思います!

それでは、今回も最後までお読みいただいてありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で